【訪日外国人誘致&観光立国&東京五輪】 もっと世界の東京へ。アジアを代表するカッコイイ世界都市に!

2020年東京五輪の目抜き通り「新虎通り」交差点にある株式会社室町屋の代表が、16年に及ぶ「広報・PR」の仕事や若い頃暮らしたカナダで培った知識や体験を元に、東京五輪に向けた観光PR、訪日外国人観光客招致、景観論、社会論などを提案します。趣味の作詞も発表しています!

文化社会論

【後編】「東京都観光ボランティア」公式ユニフォームがダサすぎる!「おせっかいジャパン」さんの積極的な活用は?

先日、下記の記事を書きました。 [前編]2020年の東京五輪に向けた「東京都観光ボランティア」公式ユニフォームがダサすぎる!「NOT COOL」な非常事態! - 【訪日外国人誘致&観光立国&東京五輪】 もっと世界の東京へ。アジアを代表するカッコイイ世界都市に…

【前編】2020年の東京五輪に向けた「東京都観光ボランティア」公式ユニフォームがダサすぎる!「NOT COOL」な非常事態!

最近の話したい話題は、「タマキ フジエ(TAMAKI FUJIE)」のデザイナー藤江珠希さんがデザインした、東京都観光ボランティアのユニフォーム。 先日東京都庁で行われた「舛添知事 定例記者会見」で、「おもてなし東京」というロゴが入ったメンズ、ウィメンズ…

通りに名前を作れば、地域の活性化・経済の起爆剤にもなり、愛着も増すのでは?

日本では地番→番地制を取っているため、外国で見るような、個々の家にハウス番号があって、それぞれの通りに名前がありません。ハウス番号制の場合、どんな小さな生活道路(ストリート・アベニュー・ブルーバード・クレッセントなど)でも名前が付いており、…

日本の家はロシアの冬より寒い!【温水暖房普及で日本のQOL向上、経済と人間の活性化】

欧米の主流は環境にも優しい温水暖房(スチーム暖房) 私が若い頃移民して暮らしたカナダから帰国して思ったこと、そして今でも外国人から指摘を受けることの一つに、「日本の冬は、カナダやロシア、北欧よりも寒い」ということがあります。もちろん-20度に…

Airbnb (エアビーアンドビー)の日本語版紹介CMが完成(手作りジオラマ、線路から広がる世界観、世界がより小さくなる!)

宿泊者先を探す旅行者(ゲスト)と空部屋を貸したい人(ホスト)をウェブでつなぐ新しい宿泊の形として世界で躍進中のシェアリングエコノミー、Airbnb(エアビーアンドビー)が、日本市場向けにAirbnbの紹介動画を日本語で作成しました。 Airbnbの世界へよう…

英語の発信力が足りないために、多くの誤解を生みやすい日本(福島産野菜の例から)

日本で暮らしていると、「多くの諸外国が日本に注目している!」というような思いを持ちがちで、メディアでもそのような趣旨の番組が多数存在しています。確かにアジア方面はそういう所がありますし、ヨーロッパや北米においても一部ではそういう方もいるか…

猛暑が予想される「2020年東京五輪」、緑豊かな街路樹の育成で、日陰作りと景観整備の対策を!(Part2)

(Part1の続き) 貧弱な街路樹と、緑の豊かさに対する理解が乏しい東京ですが、外国の都市を見てみたいと思います。下記の写真は、私が若い頃暮らしたカナダ・トロント市の「普通」の住宅街の写真です。街路樹の豊かさと共に、夏には緑が天井を覆い尽くす感…

猛暑が予想される「2020年東京五輪」、緑豊かな街路樹の育成で、日陰作りと景観整備の対策を!(Part1)

2020年の東京五輪では猛暑と高い湿度が予想されており、各種メディアからも訪日外国人などが熱中症にかかってしまうなど、様々な心配が出始めています。 2020年東京オリンピックにむけて環境省が「暑さ」対策、環境配慮を促進する4つの取組み | トラベルボイ…

読者書き込み形式の政府公認「JAPAN情報発信サイト」多言語版で、海外に向けて街情報を積極的に発信!

海外の方向けの、日本に関する情報サイトは沢山あります。また各地域行政や商工会議所として作成しているサイトも多くあります。しかしながら大部分は英語力が貧弱で発信力として欠けるものだったり、日本語サイトの方は詳細に記載されているのに、多言語表…

日本も、デザイン性の軽視から、デザイン性重視へと変化させていく時代に差し掛かっているのではないか。

オランダでは、公共の建物に関して、建築費の5%程をアート作品やデザインに充てなければならないというルールがあるそうです。新しいデザイナーがどんどん育って行くような土壌が整っています。 ■例えばこれは図書館内…新しいコンセプトデザインに真のクール…

米旅行情報誌の「2014年の世界の人気観光地ランキング」で、京都が堂々の一位に!(CNNが情報配信)

米旅行情報誌「トラベル+レジャー」の読者が選ぶ2014年の人気観光地ランキングで、京都がタイの首都バンコクを抑えて「世界最高の都市」の首位に立ちました。CNNが大々的にこのニュースを大きく取り上げています。 ■CNN日本語版 http://www.cnn.co.jp/trave…

銀座通りのブランディングについて思うこと。(&日産ギャラリー解体作業を覆う壁にアートを!)

ご存知の方も多いと思いますが、現在の銀座通りは、残念なことに今までで一番つまらない状態です。まず松坂屋は工事、日産ギャラリーも伊東屋も工事、カルティエのビル、明治屋ビルも工事…閉店でシャッターを閉じた路面店や、解体を待つ中小ビルも多く、シャ…

日本の一般的なマンションの住居環境 (Quality of Life) を向上させるための3つの改革 (不動産販売会社へ提案)

世界の多くの人が「日本の家はウサギ小屋」と未だに思っています。また実際に日本に住む外国人からも同じような意見を聞きます。(半ばあきらめ気味に)狭くてもグローバルな視点を取り入れて、住居環境のインフラ(Quality of Life) を良くしていくことは可…

世界の住みやすい都市ランキング・2位に東京が登場!京都と福岡もランク入り!(英語圏雑誌・MONOCLE・モノクル)

英語圏の情報雑誌MONOCLE(昔日本にもあったエスクワイアのような情報誌です)が選ぶ「世界で住みやすい都市」ランキングで、何と東京が第二位に選ばれました。因みに9位に京都、10位に福岡も入りました。 1位:コペンハーゲン(デンマーク) 2位:東京(ア…

日本のFMラジオにおける音楽軽視・会話重視の姿勢はどうにかならないものか。(音楽を沢山流してくれる海外のFMの方がいい!)

日本における不満の一つにFMラジオの質の問題があります。仕事柄一日中机の上で没頭することがあるためラジオはよく聞きます。ずっと思っているのは、FMラジオの放送局・ステーション数が少ないばかりか、どの番組もとにかく無駄な話が多くて長くて、音楽を…

【Part2:街路樹都市ブランディング】街路樹の豊かさを甘受できていない日本の都市環境

(続編)さて、この雑多が普通になってしまっている景観をどう活性化させ、調理しったらよいのかを考えてみたいと思います。(下記は五反田の旧ソニー通り) まずは海外の事例を見てみましょう。下記は上海の衝山路近辺です。ご存知の通り、上海はプラタナス…

【Part1:街路樹都市ブランディング】街路樹の豊かさを甘受できていない日本の都市環境

日本の街並みに足りないもの、その一つに街路樹の少なさが上げられると思います。都市の目抜き通りには多く街路樹が見られますが、枝の剪定が激しく、毎年やってくる夏の暑さの中において日陰という恩恵を与っていません。そして住宅街になると、田園調布や…

【訪日外国人対応】街中の警告や注意書き、英語表記は「短く簡潔に」が基本 (麻布警察署の標識例から)

日本の国際化に関しては恐らくTOP1に入るであろう「六本木」にある港区と麻布警視署による注意書きです。新宿(歌舞伎町)、渋谷(センター街)、池袋駅周辺などを除けば、他のエリアではあまり見かけることがないかもしれません。 もちろんこの看板でもよい…

【景観論】日本の住宅地の見た目を、コストをかけずに美しく変えてしまう方法。(ブロック塀の景観を変える)

東京中、日本中に溢れかえっているブロック塀。どこの住宅街を歩いても、汚れて無機質なブロック塀ばかり。この存在が、東京を見苦しくさせていますね。そして地震が発生した際の凶器にもなっています。しかも、ブロックをペイントしたり、外側を別素材で包…